観光客を視野に入れた展開

日本列島

日本だけではない潜在顧客

年々増加する海外からの観光客に対して、非常に多くの日本企業がインバウンド対策に多くの時間と資金を費やすようになりました。日本と言う市場だけではなく、海外に目を向けた新たな顧客開拓の方法としてインバウンドが高い注目を集めるようになりました。東南アジアを中心に、中国や韓国、そしてその他新興国から年々観光客が増えており、都心部の店舗や販売店では、売り上げの半数以上がインバウンドと言うケースも少なくありません。そこで新たな既存顧客を取り込む手法としてインバウンド対策が挙げられます。多くの企業が導入している手法の1つとして、販売店に中国語や英語が話せるスタッフを配置する方法です。日本語以外の接客手法を取り入れることで、様々な顧客へアプローチすることが可能となっています。その他にも、店舗内に掲示されている商品の説明や価格も、日本語以外の価格で表示したり、中国語やその他言語でアプローチすることで、潜在顧客を店舗に呼び込む効果が見込めます。インターネットを使った事前のアプローチも可能であり、自社のホームページを多言語化したり、SNSを通じて海外に情報を発信する方法もインバウンド効果があるとされています。今後さらに増加すると予想されているインバウンドに対して、潜在顧客を開拓する手法としてまずは今すぐに導入ができる方法から取り入れてみてましょう。実際に導入し効果を検証しながら、徐々にブラッシュアップしたインバウンド対策えと変化させるとより効果的なアプローチが可能となるでしょう。